HOME>注目記事>配送方法の種類と安い配送のメリット・デメリット

配送を安く抑えるメリット・デメリット

配送費を安く抑えるメリットは金銭的な負担が少ないことで、デメリットはベストな状態で配送できないリスクがあることです。

配送方法について

補償付きで安心のネコポス

重量1キロ以内なら200円で配送することができます。

低料金で追跡もできるレターパック

重量4キロまで可能なうえ、追跡もできるので安心です。

厚さによって料金の異なるゆうパケット

厚さ1センチから3センチまでなら配送でき、低料金です。

書籍やDVD専門のゆうメール

重さによって料金が異なり、1キロで360円とお得です。

最もスタンダードな普通郵便

50g以内の軽量のものを送るのに向いています。

荷物の大きさを確認しよう

男性作業員

最も安い配送方法を探す前に配送する荷物の大きさを確認しましょう。例えば食器などの壊れやすいものや小物類、本やCDなど嵩張るものなど荷物にはさまざまなものがあります。その大きさによって利用できる配送方法が異なるため、大きさを測ってから配送方法を選びましょう。

事前に準備すること

その他

配送を依頼するまでに準備することは3つあります。まず配送方法を選びます。様々な企業があるため信頼できる、安い企業に依頼しましょう。次に配送する荷物を梱包する必要があります。安く送りたいのであれば市販の段ボールを用いても大丈夫です。しかし梱包が難しい荷物の場合や荷物のサイズに合った箱がない場合、オリジナルの梱包材が販売されている企業もあるためインターネットなどで探してみることをおすすめします。最後は送り状を書くことです。送り状は各直営所やホームページなどで入手できます。配送方法により送り状が異なるため注意する必要があります。

広告募集中